ウルトラヴェラと他のレーザーはなにが違う?その違いを徹底解説

「ウルトラヴェラってどんな治療?」
「膣のレーザー治療って結局どれがいいの?」

このページをご覧になっている方にはこのような疑問を持った方が多いのではないでしょうか?
特に、近年デリケートゾーンのレーザー治療は一般的に使用されるようになりつつあり、それに伴って
レーザー機器の種類も増えてきています。
それらの中でもウルトラヴェラは他の機器と異なり、今まで手術でしか届かなかった部位に超音波を当てることによって、膣のエイジングケアを図ることで、膣の奥から引き締めを狙えます。

この記事ではそんなウルトラヴェラの効果や仕組みに注目しつつ、他のレーザー治療であるモナリザタッチ やインティマレーザーなどとの違いに関して詳しく解説いたしました。
ウルトラヴェラと他の施術を比べてみたい方に、とても役立つ記事となっていますよ。
ぜひ最後までご覧ください。

 

1.そもそもウルトラヴェラとは

今回の記事ではウルトラヴェラとその他の治療法との比較および解説をしていきます。
しかし、その前にウルトラヴェラとはどういう医療機器なのか、どのような症状に対して使用されているのかについて押さえていきますね。

1-1.ウルトラヴェラの仕組み

ウルトラヴェラとはHIFUと呼ばれる超音波を使用して、膣の引き締めを行うことによりエイジングケアを図る、デリケートゾーン専用のレーザー医療機器です。
HIFUを膣内に照射することで、今あるコラーゲンを変性させ、変性することによって、体が修復しようとすることで、膣内でのコラーゲンの生成が促されるのです。
それによって膣粘膜に内側からボリュームが生まれ、膣のタイトニング効果が見込まれます。

HIFUには以下の特徴があります。
①肝臓がんや子宮頸がんの治療にも用いられている。
②粘膜の深い部分にある筋相まで届く唯一の超音波である。

これだけ聞くと、とても強い医療機器に感じてしまい、
「本当にデリケートゾーンに使用しても大丈夫なの?」
と感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんよね。

しかし、HIFUは超音波を一点だけに集中して集めることによって、その一点だけが高温になり、他の組織へのダメージはほとんどありません。また、デリケートゾーンの治療の際にはその治療にあった最適な温度に設定するのでご心配は要りません。

1-2.ウルトラヴェラの効果

ウルトラヴェラの効果には以下のものがあるとされています。
・膣の引き締め効果
・膣の渇きによる性交痛の改善
・年齢に伴う尿もれ

特に他のレーザー治療と異なり、ウルトラヴェラは膣の深いところに作用するので、特にコラーゲン活性化による膣の引き締め効果と膣壁の弾力性の増加が期待できます。
また、患部組織が引き締まることで、広がった膣による膀胱への圧迫が改善され、尿漏れの防止にも高い効果を発揮するとされています。そのため、出産後から膣のゆるみが気になるようになった方や、更年期に伴って膣のゆるみが気になってきている方、歳をとるに連れて尿もれがひどくなってきている方にはおすすめですよ。
一方で、膣の奥に働く超音波を使用するため、摩擦などによる黒ずみ改善の効果は見込めないとされているので、そのような方は、医師と相談の上他の治療法を選択するのも手かもしれませんね。

2.他のレーザー治療との違い

ここまでは、ウルトラヴェラの効果や仕組みについてご紹介してきました。
しかし、デリケートゾーンのレーザー治療にはたくさんの種類があります。
そこで次は、「ウルトラヴェラ」と「モナリザタッチ」「インティマレーザー」「ビビーブ」、この3つのレーザー治療との比較を行なっていきたいと思います。

2-1.モナリザタッチとの違い

モナリザタッチとウルトラヴェラの一番の違いは、使用しているエネルギーです。
モナリザタッチはウルトラヴェラと異なり、ニキビ跡の治療などに用いる炭酸フラクショナルレーザーを使用しています。
このレーザーを使用することで、膣粘膜の細胞を活性化させて新しいコラーゲンを産生させ、膣内の厚みを取り戻す効果があるとされているのです。
また、炭酸不ラクショナルレーザーを点状に照射していくため、膣へのダメージを最小限に抑えながら施術を行える、というメリットもありますよ。
一方で、膣表面に対する効果は高いものの、膣の奥深くまで届くレーザーではないため、膣の引き締め効果に関してはウルトラヴェラのほうが高いと考えられています。

その他、効果、施術時間、施術回数、費用の比較について表にまとめましたので、是非参考にしてみてくださいね。

 

ウルトラヴェラ

モナリザタッチ

レーザー

HIFUレーザー

炭酸フラクショナルレーザー

効果

膣の引き締め

尿もれ改善

性交痛の改善

膣の若返り

膣の不快症状の改善

性交痛の改善

施術時間

約20分

約10分

施術回数

1年で1回の施術

1ヶ月おきに1回

合計3回施術

費用

1回約180,000円〜

1回約30,000円〜

2-2. インティマレーザーとの違い

インティマレーザーとウルトラヴェラの1番の違いは、インティマレーザーには黒ずみを改善する効果があるということです。
インティマレーザーではエルビウムヤグレーザーを使用しており、膣表面の水分と反応することによって、コラーゲンが生み出され、レーザーの熱と相まって膣の引き締め効果が期待できます。
それだけではなく、このレーザーが不要な角質やメラニンを取り除くことによって、肌のターンオーバーを整えることで、黒ずみを改善する効果があるとされていますよ。

その他、効果、施術時間、施術回数、費用の比較については以下のとおりです。

 

ウルトラヴェラ

インティマレーザー

レーザー

HIFUレーザー

エルビウムヤグレーザー

効果

膣の引き締め

尿もれ改善

性交痛の改善

黒ずみ改善

尿もれ改善

膣の引き締め

施術時間

約20分

約20分

施術回数

1年で1回の施術

2ヶ月おきに2回

その後1~2年に1回の施術

費用

1回約180,000円〜

1回約100,000円〜

2-3. ビビーブとの違い

ビビーブは他のレーザー治療とは大きく異なり、R Fと呼ばれる高周波の電磁波を使用した治療法です。
そのため、膣の深い層にまでエネルギーが届き、強力なコラーゲン生成効果と膣の引き締め効果があるとされています。
一方で、この治療法は膣の深い層を引き締めるため、膣粘膜の厚さにより向き不向きがあったり、閉経後3年以上もしくは55歳以上の方は施術を受けられなかったりと、多少の制限があるため注意が必要ですね。

その他、効果、施術時間、施術回数、費用の比較については以下のとおりです。

 

ウルトラヴェラ

ビビーブ

レーザー

HIFUレーザー

RF(高周波エネルギー)

効果

膣の引き締め

尿もれ改善

性交痛の改善

膣の引き締め

尿もれ改善

性交痛の改善

施術時間

約20分

約30分

施術回数

1年で1回の施術

1年に1回の施術

費用

1回約180,000円〜

1回約200,000円〜

3.レーザー以外の治療法について

膣のアンチエイジングというとレーザー治療が注目されがちですが、実はレーザー意外にも様々な治療法が存在します。
ここではその一部についてご紹介いたしますね。

3-1.性交痛の治療

性交痛の主な要因は、膣のうるおい不足だとされています。
膣がうるおい不足になる原因は様々で、ストレスや緊張などの精神状態によるものや更年期による女性ホルモンの低下によるものなど様々です。
性交痛の治療では主にうるおい不足を補う治療が行われており、
「潤滑ゼリーの使用」「ホルモン補充療法」「漢方療法」
などが行われています。

3-2.膣のゆるみ治療

膣の緩みの治療法としては、レーザー治療や、ホルモン補充療法以外にも、外科的な手法でも対処可能です。
外科的な手法には大きく分けて注入法と手術による膣縮小の2種類があります。
注入法では膣内にヒアルロン酸を注入することで、膣を内側から膨らませて膣のゆるみを改善します。
手術による膣縮小では、粘膜を除去し縫合することによって膣のゆるみを改善します。

4.まずは専門医に相談を

いかがでしたか。
今回はウルトラヴェラと他の治療法との違いについて解説させていただきました。
今回ご紹介したように、それぞれの治療法には得意とする部分とそうでない部分があります。
そのため、一度他の治療を行い、効果がみられず諦めてしまっていた方でも、解決策が見つかる可能性がございます。
ご自身の症状や体質に合った治療法を見つけるためにも、是非一度専門の医師に相談してみてはいかがでしょうか。

 

サイト監修医師

みどり美容クリニック・広尾院長 みつゆき みどり

             サイト監修医師ページへ

みつゆき みどり

~略歴~

日本人女医として初めてレーザーによる女性器の若返り治療、膣の引き締め治療などのライセンスをアメリカで取得。 その後、2010年(平成22年)6月に女性のお悩みに特化をした「みどり美容クリニック・広尾」を開院。 日本であまりなじみのない「美容婦人科」の治療を初めて導入し、インティマレーザーやウルトラヴェラなどのマシンを日本で初めて導入。 全国でも珍しいクリニックとして、様々な年代の女性のお悩みに寄り添っている。

▼みどり美容クリニック・広尾ホームページ

カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

女性器に関するお悩み
ございましたらご相談ください

 カウンセリング予約はこちらから

 無料メール相談はこちらから