インティマレーザー

インティマレーザーはどういう症状におすすめ?

女性医師 みつゆき みどり

症状

外陰部(大陰唇、小陰唇)のたるみ、膣のゆるみ、尿漏れ(腹圧性尿失禁、混合性尿失禁)、GSM(閉経後性器尿路症候群)、臓器脱、Lichen sclerosus(硬化性苔癬) ※GSMは膣萎縮による乾燥、かゆみ、灼熱感、痛み、におい、感度の低下、性交痛などデリケートゾーンの各種不快症状を指します。

レーザーを照射する膣の若返り治療です。加齢や出産後の外陰部(大陰唇・小陰唇)のたるみや膣のゆるみに効果が期待できます。また、腹圧性尿失禁や混合性尿失禁などによる尿漏れの症状にも対応可能です。
乾燥、かゆみ、灼熱感、痛み、におい、感度の低下、性交痛などデリケートゾーンの各種不快症状を伴うGSM(閉経後性器尿路症候群)、臓器脱、Lichen sclerosus(硬化性苔癬)によるかゆみの改善にも効果が期待できます。
外陰部のたるみ、膣のゆるみ、女性器まわりのかゆみや乾燥など、今お困りの症状に応じたオーダーメイド施術も可能です。

メリット

CO2レーザー登場後に普及した「エルビウムヤグレーザー」という種類のレーザー治療機器です。「Vタイトニング」とも呼ばれます。膣内にレーザーを照射することで、組織内のコラーゲン繊維を活性化させ、膣の若返りをはかり、女性特有のデリケートゾーンのお悩みに対応可能です。

200msというエルビウムでは異例の超ロングパルス(スムースモード)により表皮を傷つけることなく施術できます。適応範囲が幅広く、多くの論文報告が出ていてエビデンスがしっかりしていることから、特にヨーロッパ、アメリカでは人気の治療機器となっています。美容婦人科治療だけでなく、皮膚科、美容皮フ科クリニックや美容外科、美容整形外科など、さまざまな分野で応用されています。

症状ごと(ゆるみ、尿漏れ、乾燥など)により出力設定、照射法が多岐にわたるため、術者により施術の効果が全く異なることもありますが、患者一人ひとりの症状に合わせたオーダーメイド治療が可能です。従来の従来のCO2レーザー治療よりもダウンタイムが短く、効果の持続時間が長いというメリットもあります。

年齢や体内の金属の有無による制限がなく、乳がんの既往などがあり女性ホルモン療法が出来ない方、膣萎縮のある若年層の方、子宮摘出後の方でも対応できるので、他の治療が選択できない方でも施術が可能です。

デメリット

同じエルビウムでもスムースモードでなければ施術の効果は異なってくるため注意が必要です。カウンセリングの際などにスムースモードで施術できるかどうかを確認しましょう。

症状に合わせたオーダーメイド施術を受けるためには、専門的なトレーニングを受けた術者による施術が必要です。みどり美容クリニック・広尾では、効果が高いスムースモード技術を用い、アメリカで技術を学んだ医師が施術を行いますので、ご安心ください。

考えられる副作用

人によっては機器の取り扱いによる施術中あるいは施術後の不快感が発生する場合があります。
また、浮腫み、粘膜の赤み、熱感、水疱、おりものの増加、下腹部痛、火傷、浮腫み、尿漏れといった副作用が報告されています。

治療期間 FDA認可
2か月おきに2回程度施術を行います。その後は1~2年に1回の頻度で定期的に通院していただきます。

カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

女性器に関するお悩み
ございましたらご相談ください

 カンセリング予約はこちらから

 無料メール相談はこちらから