モナリザタッチ

モナリザタッチはどういう症状におすすめ?

女性医師 みつゆき みどり

症状

外陰部(大陰唇、小陰唇)のたるみ、GSM(閉経後性器尿路症候群)Lichen sclerosus(硬化性苔癬)、尿漏れ
※GSMは膣萎縮によって発生する不快症状(乾燥、かゆみ、灼熱感、痛み、におい、感度の低下、性交痛)を指します。

CO2レーザーを用いた膣の若返り治療です。外陰部(大陰唇や小陰唇)のたるみ改善、膣の引き締め、尿漏れの改善などの効果が期待できます。
また、膣内環境を整えて潤いが生まれるようになりますので、GSM(閉経後性器尿路症候群)よって発生するデリケートゾーンの各種不快症状(乾燥、かゆみ、灼熱感、痛み、におい、感度の低下、性交痛)、Lichen sclerosus(硬化性苔癬)の改善にも効果が期待できます。特に加齢による膣萎縮にお悩みの方におすすめです。
膣の奥から入り口付近、両方の照射など、お悩みに応じて適切な治療を行います。膣内環境の悪化による不快なにおいやかゆみ、性交痛、乾燥なども改善できますので、デリケートゾーンのお悩みを気兼ねなくご相談ください。

メリット

CO2レーザーを用いた膣引き締め治療の一種です。皮膚科などで行われているレーザー治療の技術を、外陰レーザー治療・膣レーザー治療に応用しました。

加齢によるデリケートゾーン周りの違和感を改善する治療法で、膣内レーザーの治療としては世界で最もはじめに開発されてきた代表的な機器です。そのため、特に数々の論文・エビデンスが発表されていて、多くの婦人科や美容クリニックで採用されています。

主に膣内環境を整え、潤いを出す効果が期待できます。メスを使った外科的な治療法ではないので、手術に抵抗がある方にもおすすめです。

乳がんの既往などがあり女性ホルモン療法が出来ない方、膣萎縮のある若年層の方、子宮摘出後の方でも治療可能です。

デメリット

同じCO2レーザーでも機器メーカーあるいは施術者の照射方法によって効果の出方が全く異なります。技術力や実績などを見極めてクリニック選びを慎重に行い、施設でしっかりと事前カウンセリングをしてもらった上で施術を受けるようにしましょう。

また、施術後には痛みやかゆみが生じたり、外陰部への施術の場合はかさぶたができたりする可能性があります。

考えられる副作用

施術直後に女性器の熱感や出血、痛みが生じることがあります。火傷や腫瘍のリスクも0ではありません。施術時は機器の取り扱いによって不快感が生じ、術後も女性器に不快感や排尿時の痛みが生じる場合があります。外陰部の治療では施術部位にかさぶたができてかゆみを感じるケースもありますので注意が必要です。
他に、火傷、潰瘍、瘢痕化、浮腫み、粘膜の赤み、熱感、水疱、おりものの増加、下腹部痛、一時的に膀胱が活動的となることで尿意を催す回数の増加、施術後一時的に性交時に痛みを感じるなどの副作用が報告されています。

治療期間 FDA認可
1か月間で1回~3回の通院治療を受けていただきます。その後は半年から1年に1回通院していただき、施術を行います。

カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

女性器に関するお悩み
ございましたらご相談ください

 カンセリング予約はこちらから

 無料メール相談はこちらから