ウルトラヴェラ(ヴィーナスハイフ)

ウルトラヴェラはどういう症状におすすめ?

女性医師 みつゆき みどり

症状

外陰部(大陰唇)のたるみ、膣のゆるみ、尿漏れ、尿失禁

超高音波エネルギーを照射することでコラーゲンの生成を促して、膣を引き締める治療法です。外陰部(大陰唇)のたるみや膣のゆるみ改善に効果が期待できます。膣の最深部から膣開口部、尿道周辺も含めて360度全周に照射が可能なので、尿漏れや尿失禁の改善にも適した治療法です。
表皮から最大4.5mmもの深層組織にまでエネルギーが届きます。ここまで深くアプローチできるのはヴィーナスハイフ V-HIFUが世界で初めて。これまで手術でしか届かなかった筋層にも作用し、しかも組織へのダメージはほとんどありません。レーザーや高周波治療を受けてもデリケートゾーンのたるみやゆるみ、尿漏れなどのお悩みが改善できなかった方にもおすすめの治療法です。

メリット

美容大国である韓国で開発されたHIFU(高密度焦点式超音波治療)の技術を使用。もともと顔の皮膚のたるみ治療に使われてきましたので、皮膚科クリニックなど一般的な美容医療機関あるいはサロンでは使われてきましたが、膣引き締め分野ではHIFUはウルトラヴィラが唯一です。

トランスデューサー(女性器と接触する部分)から超音波を照射。表皮から1.5mm、3.0mm、4.5mmと決まったターゲット層のみ温熱効果を促し、コラーゲンの生成を促成。表皮やその他神経など余分な場所にダメージを与えることがなく、外陰部や膣のたるみ改善や引き締めの効果が得られます。

たるみの要因となっている層に的確にアプローチできれば、引き締め効果をしっかりと実感できるように。レーザーや高周波による治療でイマイチだったという方にも効果が期待できます。メスを使わない治療法なので、手術に抵抗がある方もおすすめです。

効果が持続しやすく、1年に1回施術を受けるだけなので通院する手間が少ないのもメリットと言えます。乳がんの既往などがあり女性ホルモン療法が出来ない方、膣萎縮のある若年層の方、子宮摘出後の方でも治療可能です。

デメリット

もともと顔などの皮膚のたるみを改善する施術で使われてきたため、女性器治療に関する効果のエビデンスはレーザー治療などに比べるとまだまだ少ないのが現状です。

カートリッジが太いため、大陰部や膣のゆるみの程度によっては施術時に不快感が生じる可能性があります。

前述のとおり、適切な層にアプローチできれば効果が得られやすいのですが、そうでない場合は引き締め効果が薄くなるケースも考えられるので、事前に施術者とよく相談し、診察してもらった上で施術を受けるようにしましょう。施設や施術者によって照射の設定が異なるため、ダウンタイムも0~3日間と幅があります。

考えられる副作用

施術中の機器の取り扱いによってデリケートゾーンに不快感が生じる場合があり、術後もしばらく不快感が残るかもしれません。また、一時的に膀胱が活発になるため、術後に尿意を催す回数が増えることがあります。
その他、火傷、潰瘍、瘢痕化、浮腫み、粘膜の赤み、熱感、水疱、おりものの増加、下腹部痛などの副作用が報告されています。また、腸や膀胱の損傷が生じるリスクもあるため、技術力が高いクリニックを選びましょう。

治療期間 FDA認可
1年に1回

カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

女性器に関するお悩み
ございましたらご相談ください

 カンセリング予約はこちらから

 無料メール相談はこちらから