【インティマレーザー体験談】3分で読める膣引き締め日記

リサはふたたび幸せに

リサはずっと大家族を望んでいました。
そして実際に彼女は6年間に3度の出産を経験し、その3回目は双子でした。
彼女の夢は叶ったのです。

出産してしばらくの間は子供の世話や遊びで手いっぱいで、性的な欲求については後回しになっていました。

その後しばらくして自分の時間が持てるようになると、幸運なことに、再びリサの性欲は戻ってきました。
しかし残念なことに、セックスで以前と同じ快感を味わうことはできなくなっていました。
彼女は出産のために膣が広がってしまい出産前の状態に戻っていないのだと考えました。
セックスを楽しむことはできていましたが、同時に、昔のような感覚を取り戻したいという願いもありました。

そんなとき、リサは友人からインティマレーザー(IntimaLase®)による膣の若返りと引き締め治療を強く薦められます。リサはかなり怪しんではいましたが、その友人の担当医の予約を取ることにしました。

治療は短時間で痛みもなく、多少のほてりを感じ、ピリピリしただけでした。
指導された通り数週間はセックスを避けた後、リサはインティマレーザー後はじめてのセックスをしました。その時のセックスは施術前よりもずっと良く感じましたし、また、彼女の夫も違いを感じたそうです。
リサは、より自信を持ち、満ち足りました。

医師から3回連続で施術をするとより良い結果が出るだろうと聞き、リサはさらに2回の治療をそれぞれ1か月おきに行うことにしました。
結果は驚異的で、彼女の期待以上でした。

リサは再びセックスを最大限に楽しめるようになり、自信を取り戻すことができました。
——そして、これはリサにとって一番重要な変化でした。

参照元:FotonaSmooth PROBLEM – SOLUTION INTIMALASE® 「Lisa is Happy Again」

※Fotonaの事例を翻訳しています。
※海外の施術体験です。ダウンタイムや施術回数などは施設により異なりますのでご注意ください。

サイト監修医師

みどり美容クリニック・広尾
院長 みつゆき みどり

             サイト監修医師ページへ

みつゆき みどり

~略歴~

日本人女医として初めてレーザーによる女性器の若返り治療、膣の引き締め治療などのライセンスをアメリカで取得。
その後、2010年(平成22年)6月に女性のお悩みに特化をした「みどり美容クリニック・広尾」を開院。
日本であまりなじみのない「美容婦人科」の治療を初めて導入し、インティマレーザーやウルトラヴェラなどのマシンを日本で初めて導入。
全国でも珍しいクリニックとして、様々な年代の女性のお悩みに寄り添っている。

▼みどり美容クリニック・広尾ホームページ

カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

女性器に関するお悩み
ございましたらご相談ください

 カウンセリング予約はこちらから

 無料メール相談はこちらから