フォトナ3D・フォトナ4D(膣縮小・膣タイトニング・ホワイトニング効果)

フォトナ3D・フォトナ4D特徴・効果・治療法

 

 

フォトナ3D・フォトナ4Dを簡単にご紹介!

 

~こんな方におすすめ~

膣のゆるみ・外陰部のたるみ(ゆるみ)・デリケートゾーンの黒ずみでお悩みの方

~どういった治療をするの?~

膣内に専用のアプリケーター(治療器具)を挿入し、
フォトナ3Dは3つの波長、フォトナ4Dは4つの波長を施術部位に当てていきます。

~施術時間や費用は?~

施術時間は約15~30分。メスや麻酔は使用しません。
費用はフォトナ3Dで1回250,000円~
   フォトナ4Dで1回290,000円~となります。
※膣の引き締め、大陰唇のホワイトニングなどをした場合
クリニックや施術部位によって、変動はあります。

フォトナ3D・フォトナ4Dの特徴

フォトナ3D/4Dは複数の種類のレーザーを組み合わせて照射し、膣の引き締めを促す治療機器です。
肌のリフトアップや引き締めなど、複合的な効果が得られるため、美容外科や美容皮膚科でも盛んに採用されています。
従来のレーザー治療や高周波の治療は、単一の種類・波長によって膣内の細胞に働きかけていましたが、
フォトナ3Dやフォトナ4Dは数種類のレーザーを組み合わせるので、より強い引き締め効果を感じることができます。

フォトナ3Dはスムースモード(スーパーロングパルスエルビウム)・フラック3(ショートパルスヤグ)・ピアノモード(スーパーロングパルスヤグ)という3つの波長のレーザーを照射します。
膣内粘膜部分から筋層までまんべんなくエネルギーが行き渡り、肌のたるみ改善や筋肉の引き締めに欠かせないコラーゲンを増生します。
また、外陰部のたるみ・ゆるみ治療を行うことができます。

複数のレーザーを組み合わせて照射するので、デリケートゾーンのたるみを改善しながら、膣内環境を整えるという複合的な効果も期待できます。

フォトナ4Dは、フォトナ3Dで使われるレーザーとスーパーフィシャル(ショートパルスエルビウム)を組み合わせます。
古くなった角質を除去するピーリング効果があるので、さらなるデリケートゾーン黒ずみ効果を発揮することができます。

使用するレーザーの種類

フォトナ3D・フォトナ4Dで使われるレーザーをご紹介します。

①スムースモード(スーパーロングパルスエルビウム)
エルビウムヤグレーザーを使用し、非常に長いパルス幅で施術部位に均等に照射します。
粘膜の下に熱だまりを作ることで、コラーゲンの再構築を目指していきます。

②フラック3(ショートパルスヤグ)
膣粘膜表面を傷つけずに、60℃以上の加熱を引き起こし、膣内の再構築を目指します。
ふっくらと膣を引き締めることができます。

➂ピアノモード(スーパーロングパルスヤグ)
皮膚の深いところまでレーザーを届け、細胞組織の温度を42℃ほどに温めていきます。
この熱効果で、膣を引き締めることができます。

④スーパーフィシャル(ショートパルスエルビウム)
ピーリング効果(古くなった角質を除去する)のあるレーザーです。外陰部の黒ずみなど解消することができます。

フォトナ3D/フォトナ4Dの効果

膣のゆるみへの効果

効果の出方:

膣内粘膜部分から筋層までまんべんなくエネルギーを届け、膣の奥からしっかり引き締めることができます。

外陰部の(たるみ)ゆるみへの効果

効果の出方:

膣内粘膜部分から筋層までまんべんなくエネルギーを届け、膣の奥からしっかり引き締めることができます。

デリケートゾーンの黒ずみ改善

効果の出方:

フォトナ4Dのスーパーフィシャル(ショートパルスエルビウム)を使うことでピーリング効果を発揮し、黒ずみの改善をします。

フォトナ3D・フォトナ4Dはこんな方におすすめ

以下に当てはまる方は、>フォトナ3D・フォトナ4D治療をおすすめしています。

         
  • 外陰部のたるみが気になる方
  •     
  • 尿漏れを改善したい方
  •     
  • デリケートゾーンの黒ずみを解消したい方

治療を受けられない方

反対に、治療を受けられない方もいます。
少しでも心配と感じたら、ドクターに相談するようにしましょう。

         
  • 悪性腫瘍がある方
  •     
  • 麻酔トラブルのある方
  •     
  • てんかん発作の既往がある方
  •     
  • ヘルペス、カンジタなどの感染症がある方
  •     
  • 切り傷、炎症、その他術後がある方

お問い合わせはコチラから

お悩みをメールで相談したい方はこちらから
ドクターに直接診てもらいたい方はこちらから
お電話にてお問合せしたい方はこちらから

体験・口コミ

30代女性

膣のゆるみが気になっていたので、カウンセリングを受けてフォトナ3Dの治療を受けました。
複数のレーザーを組み合わせると聞いていたので、火傷や痛みを心配していましたが、そんなことはありませんでした。
効果も感じることができており、術後も普段通り過ごせていてうれしいです。

40代女性

外陰部の黒ずみを解消するために、フォトナ4Dで治療を受けました。
麻酔を塗っていたので、痛みを感じることなく、すぐに治療が終わりました。
あれだけコンプレックスだった黒ずみですが、今は徐々に解消されており、嬉しく思います。

治療方法

基本的には、①カウンセリング→②施術→➂アフターケアの流れになります。

膣内に専用のグローブを挿入し、複数のレーザーを組み合わせて、膣内外にまんべんなく当てていきます。
▼治療の様子

フォトナ4Dを受けられる方は、外陰部の剃毛をお願いする場合があります。

治療の基本情報

 

麻酔

×

痛み

ほぼなし

施術時間

約15~30分

治療期間

年に1~2回の頻度で施術を受けることをおすすめしています

術後の注意

ダウンタイム

基本的にダウンタイムはありません。

副作用

大きな副作用はありません。

しかし、機器の取り扱いによる施術中の不快感や施術後の不快感が生じる可能性があります。
レーザーを照射する治療法なので、浮腫みや粘膜の赤み、熱感、水疱などが発生する可能性もあります。

施術後におりものの増加、下腹部痛、やけど、浮腫み、尿漏れなどの症状が現れることがありますが、一時的なものとなります。

Q&A

レーザーを複数使うと聞いたのですが、痛みがあるのか不安です。

レーザーを複数使うからと言って、痛みを感じることはありません。

フォトナ3Dで治療すべきか、ウルトラヴェラで治療すべきか迷っています。

まずはカウンセリングにいらしてください。 ドクターが診察し、お悩みに沿って効果のある治療法を提案してまいります。

ドクターからのコメント

女性器形成ドクター・みつゆきみどり先生

フォトナ3D・フォトナ4Dは、複数のレーザーを合わせて照射するので、単一のレーザー治療より強い効果を感じることができます。
この治療のメリットは、
・高い膣引き締め効果がある
・約30分で治療が完了する
・体の負担が少ない
・幅広い方に施術を受けていただくことができる
などが挙げられます。

 

反対にデメリットは、
・照射方法や温度設定などが難しく、施術者の技術により効果が全く異なる場合があるため、トレーニングを受けた術者による施術が必要な機器
が挙げられています。

 

みどり美容クリニックでは、海外でトレーニングを受けた女医が治療を行うので、安心していただけると思います。
フォトナ3D・フォトナ4D治療についてもっと詳しく知りたい方や、デリケートゾーンについて人には聞きづらいお悩みを抱えている方は、一度この無料相談メールフォームからご相談ください。
お悩みに寄り添って、適切な治療法を提案してまいります。

 

カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

女性器に関するお悩み
ございましたらご相談ください

 カウンセリング予約はこちらから

 無料メール相談はこちらから