サーミVA

治療は3ステップ!サーミVA治療の特徴・効果について徹底解説!

~サーミVA治療とは?~
Point1.膣の緩みをメスなしで引き締め!
Point2.デリケートゾーンのアンチエイジングができる!
Point3.入院なしダウンタイムなし!施術時間は30分!

サーミVAは、尿漏れや膣のゆるみで悩んでいる方、デリケートゾーンのアンチエイジングをしたい方に最適な治療法です。そんなサーミVA治療の特徴・効果・実際の声などを詳しくご紹介していきます。

目次 1.サーミVAはこんな方におすすめ!
2.サーミVAとは?
 サーミVA治療の特徴
3.デリケートゾーンの症状とサーミVAの効果
 尿もれ
 膣の緩み
 乾燥
 おりもの
 外陰部のたるみ
 外陰部の黒ずみ
4.治療方法
 術後の注意点
 考えられる副作用
 実際に治療した方の声
5.サーミVAまとめ
 メリット・デメリット
 ドクターからのコメント

1.サーミVAはこんな方におすすめ!

こんな症状はありませんか?

・尿漏れが気になる方
・入浴後のお湯漏れが気になる方
・膣内の乾燥を感じる方
・おりものの量が増えたと感じる方
・膣のかゆみ、臭いが気になる方
・外陰部のたるみ、緩み、黒ずみが気になる方
・性交痛、感度の低下、不感症に悩んでいる方
・性欲の低下に悩んでいる方
・GSM(閉経後性器尿路症候群)の方

2.サーミVAとは?

FDAで認可を受けているサーミRFの高周波を使用して、デリケートゾーンの膣内から外側(小陰唇〜大陰唇)を引き締めることができる治療法です。またデリケートゾーンのアンチエイジング治療(フェミニンケア)にも役立っています。
2015年にアメリカで誕生し、2016年では世界で800台以上の施設で導入されている治療器です。
美容医療先進国のアメリカではすでに一般産婦人科に普及しており、 デリケートゾーンのアンチエイジングとして満足度97%という高評価を獲得しています。
メスを入れずに施術ができるので、手術に抵抗がある方、または手術ができない方にもおすすめの治療となっています。

サーミVAでは、高周波治療によって膣壁や皮膚表面温度を40~45度にコントロールしコラーゲン生成を促します。
これによって血流の増加を促し、正常な膣の潤いが得られる神経シグナルの復元を促進させます。
そして膣内PH値を4.5~5.0に近づけることで膣内環境が改善され、ニオイの改善にもつながりデリケートゾーンの様々な悩みを解消することができます。
施術中の痛みはなく、処置後の負担もほぼありません。

サーミVA治療の特徴

フェイシャル治療のタイトニング・引き締めなどでも使用されている「高周波RF」は、膣内のたるみ改善に効果的です。特定の深さの皮膚組織に熱作用を加えることで、細胞に刺激を与えます。
サーミVAの大きな特徴として施術時間の短さ(30分程度の治療)、そしてダウンタイムがほぼない、ということがあげられます。患者さんに負担の少ない治療方法で、初めての方にも安心して施術を受けていただけます。

治療は、直径1㎝程度のスティック状のチップで、大陰唇・小陰唇などの女性器と膣に高周波を照射します。少し暖かく感じるだけで痛みはありません。
サーミVAには温度管理センサーが搭載されており、照射によって大陰唇や小陰唇に42~45℃に、膣内部では45~50℃程に温めることができます。この熱作用によって細胞が刺激され、コラーゲン産生を促進。膣内部のたるみ改善、引き締め効果を発揮します。

また、コラーゲン生成により膣内環境が整うことで、潤いアップ、かゆみやにおい改善にも効果があります。
サーミVA治療は膣内だけではなく大陰唇や小陰唇のケアにも効果的です。皮膚のたるみ改善、ハリ感アップは1回目の照射でもすぐに効果を実感することができます。

3.デリケートゾーンの症状とサーミVAの効果

ここではデリケートゾーンに起こるお悩みとサーミVAの効果をご紹介します。

①尿もれ
尿もれは腹圧性尿失禁とよばれており、コラーゲンの減少、尿道を支える筋肉のゆるみが原因と考えられます。女性の30%以上が経験しており、20代でも多くの方が経験されているようです。
症状例として、くしゃみや重いものを持った時に、少量の尿もれなどが挙げられます。また出産や加齢により症状が現れ、ひどくなることもあります。
何も対処せず放っておいて症状が改善することは、ほぼありません。

②膣のゆるみ
コラーゲンの減少、尿道筋肉の衰えやゆるみが主な原因とされています。 特に出産経験がある方に多く、高齢出産の方、出産回数が多い方に見られます。
また運動不足や加齢なども原因として挙げられます。
放置すると子宮脱を引き起こすこともあるので、気づいたときに対処が必要です。

➂膣の乾燥
女性ホルモンのバランス関係が原因とされています。出産や加齢により、ハリや潤いのもととなる「エストロゲン」という女性ホルモンが減少してしまいます。
肌に潤いが不足するのと同様に、膣も乾燥します。
膣が乾燥すると、ヒリヒリした痛みやかぶれ、黒ずみが発生・悪化するなどのリスクのほか、性交痛にもつながってしまいます。

④おりもののにおい・量
ホルモンバランスが不安定になることが原因とされています。これにより臭いがきつくなり量が増えることがあります。
またストレスなどで免疫力が低下し膣内が乾燥すると、膣内環境が乱れて雑菌が繁殖し、おりもののにおいがきつくなることがあります。
気になるからと言って、石鹸で入念に洗ってしまったり、ビデを使いすぎたりすると、かえって逆効果になることがあります。

➄外陰部(大陰唇、小陰唇)のたるみ
小陰唇の形が変形して伸びてしまい、そこが下着に擦れて不快感や痛みを覚えてしまうこともあります。産後にこの症状が出ることが多いとされています。

⑥外陰唇(大陰唇、小陰唇)の黒ずみ
外陰唇(大陰唇、小陰唇)の黒ずみの主な原因は、女性ホルモンの変化だと考えられています。
プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンが増えることで、メラニン色素も増加し、色素沈着しやすくなっています。
特に、脇や女性器周辺はメラニン色素がもともと多いため、産後のホルモンバランスの変化で黒ずみやすくなっています。

サーミVAではこれらのお悩みをメス入れずに解決させる効果があります。
高周波RFで皮膚の組織に熱作用を加え細胞を活性化させます。特に大陰唇のたるみ治療は1回当てただけでも効果の出方がわかりやすくなっています。

4.治療の流れ

一般的に、①問診 ②治療 ➂アフターケア の流れです。
膣に挿入するのは直系1cm程度のスティック状のチップです。ペンと同じくらいの細さで先端も丸くなっているので違和感を覚えることはほぼありません。
30分ほど膣内、外陰部、大陰唇、小陰唇をなでるようにして40~45℃の高周波をあてていき血行とコラーゲンの再生、増殖を促進します。
治療中はじんわりした暖かさを感じるだけで、痛みはなく、傷跡が残る心配もありません。

施術後の注意点

ダウンタイムはありません。シャワーは当日より、入浴は翌日から可能です。
治療直後から普段通りの生活を送ることができます。
サーミVA治療は1回でも効果は得られますが、回数を重ねるとより効果を感じることができます。

治療期間 FDA認可
1ヶ月に1~3回通院して治療を受けていただきます。
その後は半年~1年に1回のペースで定期的に施術を行います。

考えられる副作用

施術中の機器の動きによって、術中あるいは施術後に女性器やデリケートゾーンに不快感が生じることがあります。施術後は性交時に痛みを感じたり一時的ですが膀胱が活動的になり、尿意を催す回数が増えたりする可能性があります。
また、適切に施術が行われない場合腸や膀胱の損傷の可能性もあります。慎重にクリニック選びをしましょう。
その他、やけど、腫瘍、瘢痕化、浮腫み、粘膜の赤み、熱感、水疱、おりものの増加、下腹部痛などの副作用が出ることがあります。
しかしどれも一時的なもので、長時間続くことはありません。

実際に治療した方の声

30代 女性より

最近、おりものの量と尿漏れが気になっていました。おりものに関しては、20代後半から気になっていました。そのうち治ると思っていてもなかなか良くならず…。
インターネットで解決策を探していたらサーミVA治療を見つけました。初めての治療だったのでイマイチ治療のイメージがつきませんでしたが、先生がしっかり説明してくれたので、安心して治療を受けることができました。
インターネットに書いてあったとおり、痛みもなく30分ほどで治療を終えました。副作用は特になく、いつも通り生活できています。
おりものの量が減っているので効果は出ていると感じています。もう2回ほど治療しようと思っています!
こんな簡単に今までの悩みが解消されるのがうれしいです!

40代 女性より

ダウンタイムがないなんて最初は嘘かと思いました。膣のゆるみは手術しなければいけないものだと思っていたからです。
夫には知られたくなかったもで、入院せずに受けられる治療があるということを聞きポジティブになれたのを覚えています。
私の悩みであった膣のゆるみ、今では大きく改善しています!サーミVA治療をしていただき感謝しています。

5.まとめ

サーミVA治療では、
①膣の緩み、尿もれが気になる
②膣の乾燥、においが気になる
➂デリケートゾーンの黒ずみが気になる>
④おりものの量が増えた
➄外陰部のたるみが気になる
こうしたお悩みを解決することができます。

メリット

・コラーゲンの生成を促すことで大陰唇・小陰唇・膣といったデリケートゾーンの各部位を引き締めることができる
・皮膚の表面温度を高めるので、血行が良くなって膣内環境が改善できる
・学会発表や論文報告も多く、美容医療先進国であるアメリカでも特に高い人気がある膣治療である
・アプリケーター(膣に挿入する部分)が細いので、膣内に太い器具を挿入することに抵抗がある方や、膣萎縮によって膣管が狭くなっている方でも施術が受けやすい
・メスを入れないので手術に抵抗がある方にもおすすめである
・以前乳がんの治療をしたことがあり女性ホルモン療法が出来ない方、膣萎縮のある若年層の方、子宮摘出後の方でも治療可能である

デメリット

・20~30分絶えずアプリケーターが動いている状態が続くため、人によっては不快感を覚えることがある
・高周波RFを照射するため、金属類が体内にある方、金属製の避妊器具など使われている方は施術を受けることができない
・施術方法、出力設定などが難しいため、施術者の技術によって効果の出方が異なる可能性がある

※また、以下に当てはまる方は治療できません
・妊娠している方、妊娠の可能性のある方
・産後1ヶ月以内の方
・21歳未満の方
・生理中の方
・5年以内に骨盤周辺の手術を受けられた方
・膣に関係のある疾患をお持ちの方
・金属製の避妊リングが入っている方

 

ドクターからのコメント

女性医師 みつゆき みどり

女性医師みつゆきみどり先生

デリケートゾーンでお悩みの方はまずはクリニックで相談することをおすすめします。
機器の扱いには技術を要しますが、当院にはアメリカで技術を学んだ医師が施術するので安心して治療を受けていただけます。

カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

女性器に関するお悩み
ございましたらご相談ください

 カンセリング予約はこちらから

 無料メール相談はこちらから