ビビーブ

効果は約1年!尿もれ/膣のゆるみにビビーブ治療(特徴、効果、口コミ)

~ビビーブ治療とは~
【Point1】膣のゆるみや尿もれを改善!
【Point2】メスなし!麻酔なし!施術時間約30分!
【Point3】より深い層に作用し、強力なコラーゲン再生効果と膣引き締め効果を実現!

ビビーブは今まで膣トレーニングで効果が得られなかった方、外科的手術はしたくないといった方に最適な膣のゆるみ、尿もれ治療です。そんなビビーブの特徴・副作用・安全性などを詳しくご紹介していきます。

目次 1.ビビーブはこんな方におすすめ!
2.ビビーブとは?
 サーマクール
 特徴
3.ビビーブの効果
 ほかの機器との違い
4.治療の流れ
 術後の注意点
 考えられる副作用
 実際に治療した方の声
5.ビビーブまとめ
 メリット・デメリット
 ドクターからのコメント

 

1.ビビーブはこんな方におすすめ!

こんな症状はありませんか?

・陰部にぽっかり穴が開いてしまったと感じる
・性交中のオーガズムや性的満足が少ない
・体操・筋肉トレーニングでは効果が出なかった
・出産後の膣のしまりが気になる
・入浴時に膣にお湯が入る
・咳やくしゃみの際に少し尿がもれる
・尿意を我慢できる時間が短い
・手術せずに症状を改善させたい
・外科的手術による膣の引き締め方法に抵抗のある

2.ビビーブとは?

もともと顔面の皮膚のたるみを治療する機器であるサーマクールと同じ高周波の技術を用い、膣組織に応用する治療法です。
メスを使わず、レーザーのように皮膚を焼く治療もしないので、体への負担も少なく、膣のゆるみを改善できる、画期的な治療方法となっています。
別名「膣のサーマクール」と呼ばれ、高周波エネルギーを利用してコラーゲンの再構築や造成を促し、膣の入口の内側組織を効果的に引き締めます。
産後に腟がゆるんだと感じる方、性感度が下がってしまった方のためにおすすめです。

また、今まで膣のゆるみに対する治療は、
①運動や磁気を用いた筋肉刺激による方法
②外科的手術による方法
の大きくわけて2つしかありませんでした。その点ビビーブでは運動で効果が得られなかった方、手軽な方法で治療したいかたにぴったりな治療法となっています。

サーマクール

高周波エネルギーを利用して低温熱を発生させる医療機器です。
粘膜の深いところに熱を送る際、同時に膣粘膜の表面を冷却する仕組みになっています。
熱によって組織変化が発生し、組織内のコラーゲン繊維の造成を促して、コラーゲンの再構築や新しいコラーゲンの成長を手助けしています。
出血を伴う外科手術ではありませんので、麻酔の注射などもありません。したがって安心して治療していただけます。

特徴

ビビーブは、
・膣のゆるみ改善
・尿もれ改善
に特化した治療です。
ビビーブ治療はメスを使わず施術ができ、早期の効果が実感できます。そして、ホルモン療法が出来ない方、子宮摘出後の方でも治療可能となっています。

ビビーブは、これまでの膣縮小施術のような「膣内を傷つける危険性がある」「費用がかかる」「効果をあまり感じられない」などのようなことはありませんので安心して施術を受けていただけます。
しかし膣粘膜の厚みにより向き、不向きがあるので一度クリニックに相談しましょう。また、閉経後の方、55歳以上の方は治療を受けられませんので注意してください。

3.ビビーブの効果

尿もれで悩んでいる方、膣がゆるいと感じている方の

・膣の引き締め
・膣壁の縮小
・腟の弾力アップ
・感度アップ

に効果があります。
また、膣の若返りにも効果があります。
2009年に行われたビビーブの臨床試験では、産後、性的満足感の減退を訴えていた被験者の方が、ビビーブ治療後、30日目~6ヵ月目に「性的満足感に改善があった」との報告がありました。
また、同試験では治療を受けた女性の67%が30日目に腟のしまり感の改善を認め、6ヵ月目では87%が認めている結果となっています。

ほかの機器との違い

ビビーブはほかのサーマクールと同様の高周波を照射し膣の引き締め効果を発揮します。
高周波のビビーブは、インティマレーザー(YAGレーザー)、モナリザタッチ(CO2レーザー)よりもより深い層にまで届き、強力なコラーゲン再生効果と膣引き締め効果を実現します。さらに同じ高周波の膣高周波治療器のサーミバーと比べて、1回の照射で効果があり長期間効果を持続することが可能です。

4.治療の流れ

メス、麻酔は使用せず、1cm×2cmほどの(親指サイズ)の治療用チップを膣の入り口から挿入します。
主に尿道を避けた腟から2~5cmの部分に円を描くようになぞり、皮膚下層にあるコラーゲン組織に、高周波と断熱パルスを交互に送り込み膣の表面を温めた後冷却します。

ビビーブでは細かく広い範囲を照射していきます。これによって処女膜の内側から子宮口手前の奥深くまでの広い範囲を引き締めることができます。
施術時間は約30分で、施術中は温かさと冷たさを感じる事があります。
早い方ですと7日目くらいで効果が実感でき、個人差はありますが、1年程度効果は持続します。

術後の注意点

当日はシャワーのみで、翌日は入浴可能です。
術後10日間は性行為やタンポンの使用は避けるようにしてください。
当日は、施術部位の違和感を生じる場合もありますが一時的となっています。
治療頻度は下記の通りです。

治療期間 FDA認可
1年に1回施術を行います。

考えられる副作用

施術中の機器取り扱いによる不快感や術後の不快感が生じることがあります。
また、術後は性交時に痛みを感じる、膀胱が活発になることで尿意を催す回数が増えるなどの症状が見られる可能性もありますが、一時的なものですのでご安心ください。

その他、火傷、潰瘍、瘢痕化、浮腫み、粘膜の赤み、熱感、水疱、おりものの増加などの副作用の情報が報告されています。
また、適切な施術を行わないと腸が損傷する危険性がありますので、技術が確かな医師のもとで施術を受けましょう。

実際に治療した方の声

30代 女性より

20代で出産をしてから、膣の緩みを感じるようになりました。軽度なものと思い膣トレーニングを始めました。
最初は効果があると思いましたが、次第に効果を感じられなくなりました。トレーニングって毎日やらなくてはいけないし、効果が出にくいし、そしたらいつの間にかやめてしまったんですよ。
しかしたまたまビビーブの治療法を見て、これだ!と思いました。今までトレーニングで効果を得られなかった私にぴったりだと思いました。
施術中は痛みも感じず、ものの30分ほどで終わりました。しかも1回の治療で効果が長く続くって面倒くさがりな私にとても良いと思いました。
いろんな人にビビーブをおすすめしたいです!

40代 女性より

膣の緩みがひどくてずっと膣トレーニングをしていました。でも全然効果がなかったのです。周りの友人に聞いても、膣縮小の治療は手術しなくてはいけなくて、入院もしなきゃいけないよと言われていたため、ためらっていました。
治したい気持ちはあるけど、メスを入れるのはちょっとなあ…と思っていました。おそらくみなさんも同じこと思っているはず。でも、たまたまビビーブ治療を見つけて調べてみると、メスなし麻酔なしと書いてあり大変驚きました。
期待を胸にカウンセリングに行くと、先生はとても親身になって話をきいていただきました。また効果だけでなく、ビビーブのしくみまで教えていただき、私はビビーブ治療を受ける決心がつきました。
今では膣緩みが改善しとても幸せな気持ちです。もっと早くビビーブと出会っていればよかったと感じています。

5.ビビーブまとめ

ビビーブ治療では、
①膣の緩みが気になる
②尿漏れが気になる
➂今まで膣トレーニングなどやってきたが効果を得られなかった
④外科的手術に抵抗があった
などのお悩みを解決することができます。

メリット

・レーザーが膣の深いところまでアプローチし、膣のゆるみを根本から改善できる
・体にメスをいれることなく早期に効果を実感できる
・出産後の女性に人気
・個人差はあるが1回治療すると1年ほど効果が持続する

デメリット

・治療時、火傷などの心配はないが、膣壁の薄い部分に照射した場合、たまに多少の熱さを感じることがある
・ショット数や出力パワーが固定化されているので、一人ひとりに合わせたオーダーメイド治療がしにくい

※こちらに当てはまる方は施術できません
・閉経後の方、55歳以上の方
・生理中の方
・体内に金属がある方
・金属製の避妊器具などを使用されている方

ドクターからのコメント

女性医師 みつゆき みどり

女性医師みつゆきみどり先生

今まで膣トレーニングで効果が出なかった方も大勢いらっしゃると思いますが
ビビーブ治療は膣粘膜の厚みにより向き、不向きがあったり、
閉経後の方は治療できない場合があるため一度クリニックにて相談することをおすすめします。

カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

女性器に関するお悩み
ございましたらご相談ください

 カンセリング予約はこちらから

 無料メール相談はこちらから