性交痛の原因はコレだ!治療法を女医が解説

性交痛の治療法(症状/原因)

このようなお悩みありませんか?

  • 性交痛のせいで、ストレスを感じる

性交痛とは、性行為の際に激しく痛みを感じることを指します。
痛みを感じる女性は少なくなく、我慢してしまう方も多いのが現状です。

性交痛を我慢し続けていると、性行為をするのが怖くなり、
行為が億劫だと感じるようになるだけでなく、性生活に支障が出てしまうことがあります。

また、性交痛のせいでストレスを感じるようになり、性生活に支障が出るだけでなく、QOL(生活の質)も下がってしまいます。

性交痛を我慢する必要はありません。
しっかり原因を理解し、正しい治療で改善していきましょう。

どうして女性は濡れるのか?

そもそもどうして女性は、一般で言われている「濡れる」ことがあるのでしょうか?
それは、女性の体には、性的興奮を感じると下半身に血流が流れる仕組みが備わっているからです。

血流が流れると、膣壁に張られている毛細血管が拡張されて、血管の壁を押し広げていきます。
血管の壁が押し広げられることによって、その隙間から分泌された潤滑液がしたたり落ちてくるようになります。
これが濡れるということです。潤滑液は、性的妄想や外部からの刺激などで分泌されます。

潤滑液が分泌されるまでの時間にはもちろん個人差がありますし、濡れにくいからといって、悪いというわけでもありません。
しかし、この潤滑液が十分でないと、挿入したときに痛みを感じてしまいます。また無理に挿入してしまうと、粘膜を傷つける恐れもあります。

性交痛を感じる部分について

性交痛には、

①膣の入り口付近で痛みを感じる
②膣の奥で痛みを感じる

の2つの種類があります。

膣の入り口付近の性交痛は、主にトラウマや恐怖などの精神的なものや、デリケートゾーンに何か炎症を患っていることがあります。 特に、精神的な心配があると緊張してしまい、膣内の筋肉が萎縮してしまうことで痛みを感じる方も多いようです。

膣の奥の性交痛は、子宮内膜症や骨盤内感染症など何か病気にかかっている可能性もあるので、ドクターに相談するようにしましょう。

性交痛の原因

性交痛の原因は、女性ホルモンの関係や、体のつくりによるものなど様々ありますが、
ここでは、多く見られる原因についてご紹介していきます。

①処女膜が厚い

通常、処女膜は最初の性行為で破れることが多いですが、生まれつき処女膜が厚い方もいらっしゃいます。(処女膜強靱症といいます)
この症状の方は、性行為をしても破れず、毎回痛みを感じてしまうようになります。

②ストレスによるホルモンバランスのくずれ

女性はストレスによって、ホルモンバランスが大きく左右されてしまいます。
ストレスを感じたまま性行為に及んでしまうと、潤滑液が十分に分泌されなくなり、膣内の潤いが不十分となってしまいます。
ここに、無理やり挿入をしてしまうと、痛みを感じてしまいます。

➂出産

出産をすると、ホルモンバランスが不安定となります。
先ほどと同じように、潤滑液が十分に分泌されなくなり、潤い不足となります。

④更年期

更年期に入ると、エストロゲン(女性ホルモンの一種)が減少していきます。
また、膣の皮膚が薄くなったり、潤い自体も減少していくので、痛みを感じてしまいます。

➄心的な事情

性行為を楽しく感じられない、以前激しい痛みを伴ったなど、精神的に不安な状態であると、潤滑液も十分となりません。
結果的に、濡れないまま挿入してしまうので、痛くなってしまいます。

治療法はあるの?

性交痛を治療するには、処女膜の手術を行ったり、膣に潤いを与える治療など様々あります。 ここでは、「モナリザタッチ」による膣の潤いアップについてご紹介します。

モナリザタッチは、膣の回復を可能にし、女性の多くにみられる、膣の萎縮に関連する症状を軽減するのに役立ちます。
炭酸ガスフラクショナルレーザーというレーザーを膣に照射することで、膣内の栄養と水分がより増えるので、
膣のアンチエイジングしたい方にも人気の治療法となっています。

モナリザタッチについて

また、インティマレーザーやサーミVAも性交痛の改善に効果があります。

インティマレーザーについて サーミVAについて

手術とは違い、メスや麻酔を使う必要がないので、体に負担をかけずに治療することができます。
ダウンタイムもほぼないので、手軽に治療をしたい方にもおすすめです。

しかし、レーザーによる効果の出方には個人差があるため、しっかりとカウンセリングを受けたうえで治療を進めるようにしましょう。
治療に関する不安・症状について相談したい方は遠慮なく、ドクターに聞いてください。

その他女性器のお悩み

膣のゆるみ 尿漏れ 外陰唇のたるみ デリケートゾーンの黒ずみ デリケートゾーンの不快症状

カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

女性器に関するお悩み
ございましたらご相談ください

 カウンセリング予約はこちらから

 無料メール相談はこちらから