大陰唇・小陰唇のたるみについて

大陰唇・小陰唇のたるみ(症状・原因・治療法)

大陰唇と小陰唇は、女性器の中でとても大事な役割を担っており、大陰唇と小陰唇をまとめて「外陰唇」と呼ばれることもあります。
普段外陰唇がどうなっているのか、自分ではなかなか確認することはありませんが、デリケートな部分なゆえにとても気になってしまうものです。

しかし、年齢とともに女性器に余分なしわが出て、ハリがなくなってくると、加齢を感じさせる見た目になってしまいます。
また、臭いや痛みを感じることもあります。

このように、デリケートゾーンに不満があると、QOL(生活の質)が下がるだけではなく、女性としての自信も失ってしまう方も数多くいらっしゃいます。
そうならないために、大陰唇・小陰唇のたるみや諸症状について、また治療法もご紹介していきます。

大陰唇とは?

大陰唇とは、女性器のいちばん外側にある、左右対称になっている膨らみの部分を指します。

大陰唇と周りの陰毛があることによって、外部からの刺激から膣口などを守ることができます。
そして、大陰唇は主に脂肪からできており、性器を包み込むようにできています。

大陰唇ではこのように悩んでいる方が多くいます。

  • 大陰唇がたるんでいる
  • ハリがないように感じる
  • 小陰唇が飛び出ている
  • 肥大している
  • 小陰唇と擦れて痛みを感じる
  • 黒ずんでいる

年齢を追うと顔にしわが出てくるのと同じように、デリケートゾーンも老化していき、
痛みやたるみが顕著に表れてきます。大陰唇もその1つです。

大陰唇のたるみ

たるみの原因で多いのは、年を重ねることによる皮膚の老化や、生活スタイルの変化です。
大陰唇は主に脂肪からできているので、加齢に伴う脂肪減少により、たるみやしわができてしまうことが多くあります。

また、妊娠や出産をすると、急に体型が変わるので、そのスピードに女性器が
ついていけず、余分なしわやたるみができてしまうことがあります。

しかし、大陰唇のたるみには、先天性のものと後天的なものもあります。
生まれつき大陰唇がふっくらしている方や、もともとやせ気味で、大陰唇もやせている場合もあります。
若い方でたるみのお悩みがある方は、先天的なものが原因とも考えられます。

大陰唇のかゆみや痛み

ナプキンを当てることによるかぶれ、肌が弱い影響などでかゆみが起こることがあります。
かきむしってしまうと、さらにかゆくなったり、かぶれて痛みを伴うことがあります。

また、いつもはふっくらしている大陰唇ですが、さらにふっくらとして肥大してしまうこともあります。これにより、下着と擦れて痛みを伴うことがまれにあります。
逆にボリュームが少ないと、小陰唇と擦れて痛くなることもあります。

大陰唇の黒ずみ

黒ずみの主な原因は、下着やナプキンと擦れることです。
また、かきむしったことが原因で黒ずみを引き起こすこともあります。

これらの症状を改善するには、インティマレーザーなどのレーザー機器での治療がおすすめです。
治療法については、下記で説明します。

小陰唇とは?

小陰唇とは、大陰唇の内側にあるヒダを指します。
大陰唇と同様、外部から膣口などを守る役割があります。また、性的に興奮をすると血流が上がり、ふっくらとする特徴があります。

小陰唇の形状にお悩みを抱える女性は多いですが、人の顔がそれぞれ違うように、小陰唇も人によって形や大きさが違います。
ヒダが大きい・小さい・左右の形が非対称である、と個人差が出やすい部分ですが、だいたいのものが先天性の原因でもあると言われています。

しかし、必要以上に肥大してしまったり、痛みやかゆみなどを感じると、QOL(生活の質)が下がってしまいます。

小陰唇ではこのように悩んでいる方が多くいます。

  • 小陰唇の肥大、左右の大きさが気になる
  • 小陰唇が大陰唇からはみ出ている
  • 黒ずみが気になる
  • パートナーに形を指摘された
  • ニオイが気になる
  • 下着やズボンを履くと違和感・痛みを感じる

小陰唇の肥大・不快症状の原因は?

小陰唇が肥大する原因、不快症状が起こる原因について説明していきます。

小陰唇肥大の原因

小陰唇が肥大する原因は、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患を繰り返すことによって、徐々に肥大していくことです。
また、 ナプキンなどを当てることで蒸れやかゆみも起きてしまいます。

必要以上にかきむしってしまうと、肥大の原因になってしまうこともあります。
出産を経験することも、小陰唇肥大に影響を与えます。赤ちゃんが膣や産道を思いきり伸ばしながら出てくるので、小陰唇も伸びてしまうことがあります。

小陰唇の黒ずみやその他不快症状

先ほども記述したアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患で、かきむしってしまうと黒ずみがひどくなることがあります。
ニオイが気になる原因としては、トイレの際に汚れがうまくとりきれずに、垢となってたまることです。

治療方法はあるの?

大陰唇のたるみや小陰唇の肥大の治療方法は、手術をして切開する方法もありますが、デリケートゾーンにメスを入れるのは誰でも怖いと感じることです。
そんなときに有効なのが、レーザー機器を使用する治療です。

手術とは違い、メスを使わず痛みもほぼありません。また、施術時間も約30分で終了することから、普段忙しくて時間が取れない方にも、施術を受けていただくことができます。
(※)痛みの感じ方や施術時間は、症状・個人によって異なります。

レーザーを大陰唇・小陰唇にあてて、組織の中にあるコラーゲンを増生させるように促します。
コラーゲンが増えることで、ふっくらとした大陰唇・小陰唇にすることが可能となります。

レーザー機器はたくさんの種類があり、それぞれ効果の出方も変わってきます。
カウンセリングでドクターと話しながら、ご自身にぴったりの治療法を見つけることをおすすめします。

大陰唇・小陰唇のたるみに効果のある機器

インティマレーザーについてサーミVAについてフェミリフトについてビーナスフィオーレについてフォトナ3D・フォトナ4Dについてウルトラヴェラ(ヴィーナスハイフ)についてモナリザタッチについて

その他女性器のお悩みについて

膣のゆるみ 女性の尿漏れ デリケートゾーンの不快症状 デリケートゾーンの黒ずみ 性交痛

カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

女性器に関するお悩み
ございましたらご相談ください

 カンセリング予約はこちらから

 無料メール相談はこちらから