膣のゆるみに原因はあるの?

膣のゆるみの原因(症状・治療法)

  • 膣からおならのようなものが出る
  • くしゃみをしたときに、尿漏れをしてしまう(ちょびもれなど)
  • おふろから上がった瞬間、膣からお湯が出てくる
  • 性行為したときに、相手から膣のゆるみを指摘された
  • タンポンから経血が漏れてくる

上記に当てはまる方は、膣がゆるんでしまっている可能性があります。
このページでは、膣がゆるんでしまう原因について説明していきます。
最後には、ゆるみを改善するレーザー治療機器のご紹介もあります。

膣がゆるむ原因

膣のゆるみの原因は、骨盤底筋群という筋力の低下によるものです。
骨盤底筋群とは、骨盤の底にある筋肉のことで、膀胱や直腸、子宮を支える役割を持っています。
また、排泄をコントロールする働きもあり、尿意や便意を感じると排泄するしくみとなっています。

しかし、この筋肉が弱まると、膣のゆるみを感じるようになります。

骨盤底筋の筋力低下(膣のゆるみ)が起きる原因には、以下のことが挙げられます。

①加齢

年齢を重ねると顔がたるんでいくように、膣内も弾力を失い、筋力も衰えます。

②出産をする

妊娠しているとき、赤ちゃんは骨盤底筋群によって支えられていますが、
おなかの中で赤ちゃんが成長していくと、骨盤底筋群に負担がかかっていきます。

出産する際は、赤ちゃんが膣や骨盤底筋群を押し伸ばしながら出てきます。
この筋肉が引き伸ばされても、その後に収縮しきれなくなるので、膣のゆるみにつながります。

➂姿勢が悪い、運動不足である

姿勢が悪いと、膣やお尻の筋肉がゆるんでしまい、衰えていきます。
またおなかやお尻の筋肉と一緒で、骨盤底筋群も鍛えなければ衰えてしまうので、膣のゆるみにつながります。

④骨盤底筋群に負担をかける環境にある

仕事柄で長時間立ちっぱなしや、重い荷物を持ち上げることも多くあります。
しかしこの動作が筋肉の負担を大きくし、膣のゆるみへとつながります。

➄便秘気味である

頑張っていきんでしまうと、骨盤底筋群が伸びてゆるみにつながります

膣がゆるむことで引き起こされること

膣がゆるむことで、以下の症状も併発してしまい、生活に支障が出てくることもあります。

①尿漏れ
膣がゆるみ、尿道や膀胱を支える力が弱くなることで、尿漏れが起きやすくなります。
特に40代50代の女性に多く見られるようです。

②骨盤臓器脱
骨盤臓器脱とは、骨盤内にある臓器(子宮・膀胱・直腸など)がだんだん下がってきて、
膣から外に出てしまう病気のことです。
これらの臓器を支えているのが骨盤底筋群ですが、機能が弱まるとこの症状が出てしまう可能性は高くなります。

膣のゆるみは治せる?

膣のゆるみは、手術やレーザー機器の使用によって改善することができます。 広がってしまった膣を奥から引き締めていきます。(膣縮小治療といいます)

このサイトでは、レーザーを使用して膣のゆるみを改善する機器をご紹介します。
手術とは違い、メスを入れることもなく、ダウンタイムもありません。(使用機器によりダウンタイムは異なることがあります。)
また痛みや副作用もほぼなく、施術後はすぐ普段通りの生活に戻ることができます。

様々なタイプの治療機器があるので、どれが自分に合っているかを先生に相談することをおすすめします。

膣のゆるみに効果のあるレーザー機器

インティマレーザーサーミVAビビーブフェミリフトウルトラヴェラ(ヴィーナスハイフ)フォトナ3D/フォトナ4Dビーナスフィオーレプチレディー

その他女性器のお悩み

女性の尿漏れ 大陰唇・小陰唇のたるみ デリケートゾーンの不快症状 デリケートゾーンの黒ずみ 性交痛

カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

女性器に関するお悩み
ございましたらご相談ください

 カンセリング予約はこちらから

 無料メール相談はこちらから